【急騰!】ユナイテッドヘルス(UNH)は買いか!?

個別株

ユナイテッドヘルス急騰!Q3決算は市場予想を上回る

Access to this page has been denied.

10月15日、ユナイテッドヘルス(UNH)が2019Q3決算を発表しました。内容は良かったです。

売上高は604憶ドルと市場予想を5憶ドル程上回りました。(前年同期比からは約7%の伸び)

EPSは3.88ドルと市場予想を0.12$上回りました。(調整後EPSは3.67ドルと市場予想を0.08ドル上回る)

また、2019通期ガイダンスが引き上げられました。EPSが、13.95~14.15ドル→14.15~14.25ドルまで引き上げられています。(調整後EPSは、14.70~14.90ドル→14.90~15.00ドル)

これは、前年通期決算のEPS12.19ドルから16%増の水準であり、高い成長率を維持しています。

Q3決算の結果を受けて、ユナイテッドヘルス(UNH)の株価は前日比5%高と急騰しています。

ユナイテッドヘルス(UNH)は買いか!?

ユナイテッドヘルスは2018年7月の高値から約17%安の水準にあり、まさに売り叩かれている状況です。主な理由は政治要因です。政府による薬価引き下げの圧力や民主党議員(サンダース氏やウォーレン氏)が掲げている公的医療保険制度(メディケア・フォー・オール)の導入案が、同社の将来的な業績不安に繋がっています。

しかしながら、今回の決算でも分かるように、同社はバリバリの成長株であり、過去2年間の決算でも市場予想を100%上回るなど業績は堅調そのものです。

同社の過去10年間のEPS推移を確認すると、年率で16%超という高い成長率を維持していることが分かります。2019年通期ガイダンスのEPSも前年比16%増が予想されています。

同社の2019通期EPS予想(14.15~14.25)と10/14の株価220ドルから、予想PERを算出すると約15.5倍となります。これは、同社の過去5年のPER平均19.8倍と比較しても約22%低い水準です。同社が高いEPS成長率を達成している成長株であることを考慮すれば、PER15倍台はかなり魅力的に映ります。(あくまでも私見ですが)

政治要因次第ではあるがリスクテイクする価値はあるか

確かに、同社株が売り叩かれていることには理由があり、現在の市場の値付けが間違っているとは思いません。しかしながら、ゆきまるとしては、ポートフォリオの一部として同社株を購入しリスクテイクする価値はあるのではと思っています。

ユナイテッドヘルス(UNH)のバリュエーションについては、過去記事で理論株価を算出しています。今後5年間のFCF成長率を5%と保守的に見積もっても、理論株価は「247.26ドル」であり、現在の株価水準は約10%アンダーバリュー(割安)となります。

ゆきまるは、ポートフォリオの中心をS&P500などのインデックスで運用した上で、一部の個別株ではリスクテイクしていく方針ですので、同社株はその目的で保有しています。今後、機会を見て買い増ししようかなと考えています。

↓こちらは米国株ブログランキングです。応援のクリックを頂けると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました