ユナイテッドヘルス(UNH)の適正株価は?

個別株

今回はユナイテッドヘルス(UNH)の理論株価(適正株価)を算出します。

DCF法を用いた理論株価の計算方法の概要についてはこちらをご参照ください。

ユナイテッドヘルス(UNH)の企業情報

ユナイテッドヘルス(UNH)は、NYダウ30種銘柄でもある米国の医療保険会社です。

主な事業はユナイテッドヘルス(医療保険事業)とオプタム(薬剤給付管理システム(PBM)事業)です。薬剤給付管理システムとは、医師の処方する医薬品の管理・給付を行う事業です。

ユナイテッドヘルスが医療保険事業の利益を確保するためには、被保険者の加入拡大のみならず、保険金(医療費)の支出を極力抑えることが重要ですが、薬剤給付管理システムにて医師の処方する医薬品を管理・給付することで、製薬会社との薬価交渉を有利に進めることができ、結果として保険金(医療費)の支出を最小限に抑えることができます。このように、医療保険と薬剤給付管理システムは互いに親和性の高い事業といえます。

ユナイテッドヘルス(UNH)の株価推移

ユナイテッドヘルス(UNH)の株価推移を確認します。

新型コロナウィルスの感染拡大による世界同時株安により、2020年2月に高値306.71ドルをつけてから、3月21日現在の206.59ドルまで約33%下落しています。

また、2020年の米大統領選挙に向けて、民主党候補のサンダース氏が「メディケア・フォー・オール法」を掲げたことも、同社への業績懸念に繋がっていました。とはいえ、民主党の候補者は中道派のバイデン氏に決まりそうな雰囲気なので、その点の懸念は解消されつつあります。

ユナイテッドヘルス(UNH)の理論株価

さて、本題のユナイテッドヘルス(UNH)の理論株価(適正株価)を算出していきます。

前提条件

先ずは前提条件です。

財務データは直近の通期決算をMorningstarから、発行済株式数については最新のものをYahoo financeから引用しています。

②フリーキャッシュフロー(FCF)は2019年決算の実績となります。Morningstar社の算出結果をそのまま採用しています。

2020~2024年までのFCF成長率は2%に設定しました。ユナイテッドヘルス(UNH)の2010年から2019年までのFCF成長率は年率で13%に及びます。

従って、今回の理論株価算出においても高いFCF成長率を織り込むことは不自然ではありませんが、先行きの景気動向が不透明となっていることや、医療保険業界が政治的要因に左右されやすいという特徴も考慮して、保守的に2%の成長率としたものです。

2025年以降のFCF永久成長率は、過去の米国インフレ率である2%に収束していくと予想ました。

⑤割引率はWACC(加重平均資本コスト)とも呼ばれます。本サイトでは、割引率は7%に設定しています。詳しくはDCF法を用いた理論株価の計算方法をご参照下さい。

理論株価

上述の前提条件の下、理論株価を算出した結果、ユナイテッドヘルス(UNH)の理論株価(適正株価)は「248.25ドル」となりました。

3/21夜時点の株価が206.59ドルなので、約17%程アンダーバリュー(割安)となります。

投資方針

今回の理論株価算出結果では、ユナイテッドヘルス(UNH)の株価はアンダーバリュー(割安)という結果になりました。

同社の高い成長率を考慮すれば、現在のユナイテッドヘルス(UNH)のバリュエーションは投資妙味があるのではと思います。また、民主党の大統領選挙候補者がサンダース氏ではなくバイデン氏に決まりそうなのも同社にとっては良いニュースです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました