一般NISAと積立NISA どちらを選択すべきか?

お金の知識

投資を行う上で、絶対活用すべきなのがNISA(少額投資非課税制度)ですが、NISAには、「一般NISA」と「積立NISA」があり、どちらを運用すべきか迷うことがあります。

そこで、今回は「一般NISA」と「積立NISA」どちらを選択するべきかについて書きたいと思います。

結論から言うと、多くの投資家にとっては「積立NISA」を選択する方が良いと思います。

NISAとは

NISA(少額投資非課税制度)とは、その名の通り、投資で得られた利益に対する税金が非課税となる制度です。

通常、投資による利益には約20%の税金がかかりますが、これが丸々非課税になるのがNISAとなります。

「一般NISA」と「積立NISA」の違い

「一般NISA」と「積立NISA」の違いを表にすると上図のようになります。

年間投資枠は「一般NISA」が大きいのに対して、非課税期間は「積立NISA」の方が長くなっています。

概して、「一般NISA」が短期投資向き、「積立NISA」が長期投資向きと言えるかもしれません。

一般NISAと積立NISA どちらを選択すべきか

では本題ですが、一般NISAと積立NISA、どちらを選択すべきでしょうか。

私は以下の点から「積立NISA」を強くオススメします。

トータルの非課税枠

トータルの非課税枠では、

「一般NISA」:120万円 × 5年間 = 600万円

「積立NISA」:40万円 × 20年間 = 800万円

と積立NISAの方が多くなります。

株式投資で成功するためには、1円でも安く税金を抑えることが重要ですので、トータルの非課税枠が大きい「積立NISA」を選択するのが賢い選択となります。

運用期間と投資リターン

また、先程、「一般NISA」が短期投資向き、「積立NISA」が長期投資向きと書きましたが、投資の本質が「長期でビジネスを保有し、そのリターンを得ること」であるなら、「積立NISA」の方が投資の本質に近いと思います。

そして、投資の本質に忠実であればあるほど着実なリターンを得やすいともいえます。

(図はジェレミー・シーゲル著「株式投資の未来」より引用)

上図は保有期間別の実質利回り(最高値と最低値)を示したものです。

保有期間が短期であるほど利回りの上下のブレが大きく長期になるほど上下のブレが小さくなっています。そして、株式投資であれば、20年間以上の保有期間があれば利回りの最低値でさえプラスのリターンとなっていることが分かります。

従って、20年間の非課税期間がある「積立NISA」の方が最終的な運用利回りをプラスで終えられる可能性が高いということです。

ここで、NISAにおいて運用期間をプラスで終えることは大変重要な点です。なぜなら、NISAにおける運用損失は、一般口座や特定口座と損益通算できないためです。当然、損失の繰越控除(最大3年間)の税制上の措置も受けることはできません

NISAに関しては特に損失を被らないことに注意する必要があるのです。

この点において、私は「一般NISA」の5年間という非課税期間は十分ではないと考えています。

過去、リセッション(景気後退)は約5年~10年の単位で頻繁に訪れ、少なくとも8~11ヵ月間続いています。また、朱書きの通り、中には16~18ヵ月という期間に亘ってリセッションが続いたこともありました。当然、そのタイミングで株価は大きく調整しています。

従って、「一般NISA」の5年間という非課税期間ではリセッションの影響を受けやすく、非課税期間終了とともに損失を計上してしまうリスクも高いというわけです。

まとめ

今回は「一般NISA」と「積立NISA」どちらを選択すべきかについて書きました。

2020年にはリセッション入り(景気後退入り)の可能性も囁かれている中、投資家はこれまで以上に慎重に投資判断を行う必要があると思います。

早くお金持ちになろうと「一般NISA」でがっつり運用し、非課税期間の終了とともに損失計上して終わりという悲しい結末とならないように、「積立NISA」で安全運用していきましょう。

 

ブログランキングに参加しています。応援のクリックを頂けると大変励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました