【大暴落】スリーエム(MMM) に買い場は来るのか!?

個別株

絶賛大暴落中のスリーエム(MMM)

米国を代表するコングロマリット企業であるスリーエム(MMM)の暴落が止まりません。

10月8日時点の株価は終値が150.74ドルで、年初来安値を更新しました。ついに、50週移動平均線が200週移動平均線を下回るデッドクロスを形成しています。

スリーエム(MMM)は、2018年1月に250ドル近くまで上昇しましたが、米中貿易戦争の激化による業績不安により、高値から40%安の水準まで売り叩かれています

2019年4月の2019年Q1決算では、2019年通期の調整後EPS(予想)を従来の10.45-10.90ドルから9.25ー9.75ドルに引き下げたことが嫌気され、1日で13%安という1987年のブラックマンデー(暗黒の月曜日)以来の大幅な下げを記録しました。

そして、今年8月には、なんとあのJPモルガンTusa尊師によって、目標株価は140~143との引導を渡されてしまったのでした。(オワタ)

スリーエム(MMM)の復活を信じてる!

いやしかし!!

連続増配60年の配当王であり、数千件にも及ぶ特許から独自の製品を生み出し続けるスリーエム(MMM)がこのまま沈んでしまうはずはない!

ゆきまるは、アマゾンやグーグルといったイケイケのハイテク企業よりも、スリーエムのような地味だけど独自の技術力を持つ企業が好きなんです。。

だから、スリーエムが「そろそろ買い場」である材料を無理やりにでも集めてみたぞ!

RSIは売られすぎの水準に近づいている

RSI(Relative Strength Index)という指標があります。買われすぎか、売られすぎかを判断するための指標として利用されています。数値は0~100で表されるのですが、一般的に70~80以上で買われすぎ、20~30以下で売られすぎと判断されます。

スリーエムの2018年以降のRSIの推移を見ると、RSIが50に近づくか超えたあたりで売られ、逆に30に近づくと株価が反発しています。

10月8日時点のRSIは33.83であり、30の反発ラインにじわり近づいている状況です。テクニカル的な買い場が近づいているのではと思われます。

2019年Q2決算はアナリスト予想を上回った

2019年7月に発表された2019年Q2決算では、悲観的な見方をしていたアナリスト予想を上回り、通期の調整後EPS予想も堅持しました。スリーエムは、同決算の発表にて、「自動車と電子機器の市場では厳しい状況が続いているが、ヘルスケア事業は好調で同売上高は5.8%増となった」と述べています。明るいニュースもあるようですね。

調整後EPS予想は決して悪くない水準

また、同社が発表した2019通期決算の調整後EPS予想(9.25-9.75ドル)は決して低い水準では無いと考えています。もちろん、当初予想であった10.45-10.90ドルからは引き下げられましたが、悲観する水準では無いと思います。

スリーエム(MMM)の過去のEPS推移を見ると、2018年の8.9ドルまで順調にEPSを成長させており、米中貿易戦争の影響があるとは言え、2019年予想の9.25-9.75ドルは決して悪い数字ではないと言えるでしょう。

(なお、同社はベネズエラの子会社を連結から外すこと伴い、実質のEPSは28セント引き下げられる見込みですが、これは一時的な損失ですので、調整後EPSには反映されていません)

予想PERは過去と比べて低水準にある

スリーエムの過去5年(2014~2018)の平均PERは20.69倍ですが、2019年通期決算の調整後予想EPS(9.25-9.75)と、現在の株価150ドルを基に、予想PERを算出すると、15.38~16.21倍となります。これは、過去5年の平均PER(20.69倍)と比べても割安な水準であり、魅力的なバリュエーションと言えます。

魅力的な配当利回りと余裕のある配当性向

10月8日時点の配当利回りは「3.82%」に達しており、過去2%台で推移していたことを考えれば、かなり魅力的な水準まで上昇しています。

また、減配を心配しておられる方もいらっしゃるかもしれませんが、調整後予想EPS(9.25-9.75)を基にした配当性向(予想)は、59%~62%とまだ余裕があることから、減配の心配をする水準には無いと考えています。

スリーエム(MMM)いくらで買うか?

ハアハアハア・・(*´Д`) いかがでしたでしょうか。市場に叩かれてばかりのスリーエムを全力で励ましてみました。ゆきまるはいつでも弱い者の味方です。

さて、ここまで書いたからには、買わないわけにはいきません。

ゆきまるは、自分で算出した理論株価+10%を買い値の上限とする制約を自身に課しています。(ご参考:フェアバリュー投資のルール

スリーエムの算出結果は、理論株価が「132ドル」、+10%水準で「145ドル」となります。

従って、145ドル台(145.99ドル)で指値注文を出すことにしました。

果たしてスリーエム(MMM)が145ドル台まで下がってくることはあるのか?株価はランダムウォークですので、値動きは誰にも予想することはできません。

でも、買わせてほしい!この優良株を!神様、私はスリーエムへの愛だけで2300文字も書きました!

・・もし、買えずに上昇してしまったら笑ってやってください。。

↓こちらは米国株ブログランキングです。応援のクリックを頂けると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました