【株価急落!】米マクドナルドCEOの解任報道を受けて。

個別株

マクドナルドCEOの解任報道を受けて株価急落!

11月4日の米国株式市場でマクドナルド(MCD)の株価が前日比2.72%安と急落しました。

理由は、米マクドナルドのイースタンブルック氏が従業員との不倫問題でCEO職を解任されたためです。

イースタンブルック氏は2015年3月にCEOに就任以来、それまでオワコンと言われていたマクドナルド(MCD)を新たな成長軌道に乗せ、わずか4年間で株価を約2倍も上昇させるなど有能なCEOでした。

マクドナルド(MCD)の株主としては、このような有能なCEOが不倫問題でいなくなってしまうのは「もったいないな」と思ってしまいますが、仕方ないですね。

マクドナルド(MCD)のバリュエーションは?

McDonald's -3% after CEO dismissal factored in
Analysts are weighing in on the dismissal of McDonald's (NYSE:MCD) CEO Steve Easterbrook from the restaurant company. On the cautionary side, MKM Partners cuts ...

今回のCEO解任報道もさることながら、近年のバリュエーションの高さも相まって、目標株価やレーティングの格下げも出ているようです。

MKM Pertners:目標株価 240ドル→225ドル

Piper Jaffray Companies:レーティング 買い → 中立

とはいえ、同社の強固なビジネスに変化はありませんから、今後も引き続きホールドしていきます。本当に良い企業というのは、経営者が変わっても安心して保有できる企業です。マクドナルド(MCD)はそのような企業の1つだと思います。

なお、ゆきまるが算出したマクドナルド(MCD)の理論株価(適正株価)は117.48ドル(+10%で129.23ドル)過去5年の平均PER23倍から算出した参考株価は「182.85ドル」となります。

マクドナルド(MCD)の適正株価は?
今回は、マクドナルド(MCD)の理論株価(適正株価)を算出します。 DCF法を用いた理論株価の計算方法の概要についてはこちらをご参照ください。 マクドナルド(MCD)の企業情報 マクドナルド(MCD)は、世界一の規模を誇る外食チェ...

↓応援のクリックを頂けると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

↓こちらもクリック頂けるとありがたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました