蛭子能収の人生ゆるゆる相談に投資のヒントを得たwww

投資哲学

蛭子能収さんの人生ゆるゆる相談って知ってますか?

相談者の至極真面目な相談に対して、蛭子さんが気が抜けるようなゆるゆる回答を返すという企画です。www

全般的に、蛭子さんの回答は「如何にギャンブラーとして大成するか」が基準であり、皆さんの投資戦略に役立つ情報はほぼゼロですが、今回はちょっと良いこと言っていたので紹介します。

蛭子能収のゆるゆる人生相談「元銀行員の夫が投資で退職金を失って」(女性自身) - Yahoo!ニュース
大反響の「ゆるゆる人生相談」を一挙108本収録した、世界一ゆるい自己啓発本『笑われ - Yahoo!ニュース(女性自身)

さて、今回の相談内容は、「銀行マンだった夫が退職金を外貨建ての金融商品に投資して全て失ってしまった」という悲痛なものでした。。

これに対して、蛭子さんの回答がこちらです。

ウフフ……大変ですね。銀行マンでも失敗するんですね。銀行員といっても投資の専門家じゃないけど「自分なら大丈夫」と過信したんでしょうね。でも、少しでも金を増やそうと思うことは悪いことではありません。失ったものは大きいかもしれませんけど「つつましく暮らしましょう」と夫を励ましてあげたらいいんじゃないですかね。

オレも昔は、少しでもお金を増やそうと外貨預金とか金塊などの投資話によく乗っていました。でも、ことごとく損をしてしまうんです。不思議でなりません。

そんなオレでもTOTOの株券を買ってもうけたことがあります。ウォッシュレットと出合ったときの衝撃を今でも忘れません。それまでは大きいほうをしたあとに、何度拭いてもパンツに少しウ〇コが付いていました。ウォシュレットが出て「これで世界中から汚れたパンツが消える!」と確信して株を買ったら上がっていったんです

ユーモアたっぷりのゆるゆる回答でしたね。www

でも、後段のTOTO株を買って儲けた話は、個人投資家にとって投資のヒントになると思います。蛭子さんはウォッシュレットを使った感動でTOTO株を買って儲けたわけですが、日常の生活の中で感動した製品やサービスを提供している企業の株を買うというのは、個人投資家が市場のプロに太刀打ちできる1つの方法だと思います。

著名な投資家であるピーター・リンチも、テンバガーを見つけるには「自分の日常生活からヒントを見つける」ことの大切さを語っています。

ゆきまる自身も、アマゾンの翌日配送を使ったときは「アマゾン最高かよ」と思いましたし、グーグルマップを初めて使ったときは「これで迷わず出張先に行ける」と大変ありがたく思ったものです。

これらのサービスは今では当たり前のように使っていますが、サービスが開始された当初は大きな感動があったはずです。

個人投資家が銘柄選びを行う際に、こうした身近な感動をヒントにするというのは「あり」だと思います。消費者ニーズのある製品やサービスを提供できる企業は着実に売上を伸ばすことができますし、株価もそれに応じて上昇することでしょう。

投資のヒントに気づかせてくれた蛭子さんありがとう。今後もゆるゆる回答を期待しています。

↓応援のクリックを頂けると励みになります!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ 

↓こちらもクリック頂けるとありがたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました