キャッシュレス決済の種類とオススメの決済方法

お金の知識

キャッシュレス決済の種類

キャッシュレス決済の種類が多すぎて分かりにくい!という方は多いと思います。

そこで、今回はキャッシュレス決済の全体像を表に整理してみました。以下の表を見ながら、記事を読んで頂けると分かり易いかと思います。

(補足:表は各社のキャッシュレス決済の種類と採用している方式を示したものとなります)

キャッシュレス決済には大きく3つの種類があります。それは、「前払い方式」「後払い方式」「即時払い方式」の3つです。

それぞれの方式の特徴(メリット・デメリット含む)と、その方式に対応している各社のキャッシュレス決済についてみていきます。

前払い方式

まずは前払い方式です。前払い方式とは、事前に支払い(入金)を済ませておいて、チャージされた金額を使ってキャッシュレス決済を行う方式です。

分かり易い例でいうと、プリペイドカードがありますね。

電子マネーでは、Suica、ICOCA、WAON、nanaco、楽天Edyなどで採用されています。

QRコード決済では、LINE PayやPAY PAYで前払い方式を選択することが可能です。

いずれも、お金を事前にチャージして使うということですね。

【前払い方式のメリット】

  • 事前に支払いを済ませているので使いすぎることがない
  • 紛失したときの損失額が限定的

【前払い方式のデメリット】

  • チャージするのが面倒くさい
  • カードの使い分けが複雑になりがち(何のカードにどの程度残高があるか忘れてしまう)

後払い方式

後払い方式とは、いわゆるクレジット払いです。モノやサービスを購入した後、支払いを翌月末払い、あるいは分割払いにする方式です。

電子マネーでは、ドコモのiDや、QICPAYでクレジット払いが可能です。(この2つは非接触型ICというものをスマホなどの端末に内蔵して支払いを行なっています)

また、スマホでQRコード決済では、LINE Pay、PAYPAY、楽天Pay、Amazon Pay、d払い、Origami Pay、paymoなどで、クレジット払いが可能です。

(LINE Payと PAY PAYは前払い方式と後払い方式のどちらも選択可能です)

【後払い方式のメリット】

  • 手間がかからない(事前チャージ不要)
  • 紛失したときに損害保証が受けられる(ただしクレジットカード毎に条件は異なる)

【後払い方式のデメリット】

  • つい使いすぎてしまう
  • 引き落とし時の銀行残高には注意が必要

即時払い方式

即時払いとは、モノやサービスを購入した際に、即時に銀行口座から引き落としされる方式です。

銀行で発行されるデビッドカードがこれに当たりますね。

また、QRコードでは、ゆうちょPayが即時払い方式を採用しています。

(Origami Payは後払い方式と即時払い方式のどちらも選択可能です)

【即時払い方式のメリット】

  • 未成年でも発行できる。
  • 銀行の残高が上限なので使いすぎることがない。

【即時払い方式のデメリット】

  • 日本ではメジャーではなく使える店舗が少ない。

オススメのキャッシュレス決済

私がオススメするキャッシュレス決済はズバリ、 「PAYPAY」です!

その理由は以下の3つです。

①スマホがあれば決済可能

カードを使ったキャッシュレス決済だと財布あるいはカードケースが必要ですが、QRコード決済ならスマホがあれば決済可能です。

②前払い方式と後払い方式のどちらも選択できる

日本国内でメジャーである2つの方式のどちらでも選択可能です。幅広い支払ニーズに対応できる点が魅力です。

③使える店舗が多い

コンビニはセブンイレブン、ローソン、ファミマの三大コンビニで使えますし、その他多くの飲食店、ドラッグストア、家電量販店で利用できます。今年の4月からはイオンの32店舗でも利用が開始されており、全国展開が期待されています。

 

いかがでしたでしょうか。

キャッシュレス決済で便利に買い物を楽しみましょう。

 

こちらの米国株バナーをクリック頂けると大変励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました