2019-08

個別株

アルトリア・グループ(MO)の理論株価は?

今回はアルトリア・グループ(MO)の理論株価を算出します。 DCF法を用いた理論株価の計算方法の概要についてはこちらをご参照ください。 アルトリア・グループ(MO)の企業紹介 アルトリア・グループ(MO)は米国のタバコ会社です。2...
投資哲学

効率的市場仮説の罠

効率的市場仮説とは何か 効率的市場仮説という理論があります。効率的市場仮説とは、「市場は常に完全に情報的に効率的である」とする仮説です。ここでいう「情報的に効率的である」というのは、市場において価格を決定づける情報は、全て瞬時に価格に織り...
お金の知識

【米国株】理論株価の計算方法(DCF法)

本ブログでは、理論株価を計算する手段として、ディスカウントキャッシュフロー法(DCF法)を活用していますので、その基本的な考え方、計算方法について説明します。 ディスカウントキャッシュフロー法(DCF法)とは? ディスカウントキャッシュ...
個別株

アルファベット(グーグル)の理論株価は?

今回はアルファベット(グーグル)の理論株価を算出します。 DCF法を用いた理論株価の計算方法についてはこちらをご参照ください。 アルファベット(グーグル)の企業紹介 アルファベットは検索エンジンで世界首位の「Google」を運営す...
個別株

スリーエム(MMM)の理論株価は?

初回である今回はスリーエムの理論株価を算出してみます。 DCF法を用いた理論株価の計算方法についてはこちらをご参照ください。 スリーエムの企業紹介 スリーエムはNYダウ30種に含まれる米国を代表するコングロマリット企業です。 ...
投資哲学

フェアバリュー投資のルール

かつて、バリュー投資で名高いウォーレン・バフェットは、「私はほどよい会社をとびきり安く買うよりも、とびきり良い会社をほどよい価格で買いたい」と話しました。 本ブログでは、米国優良株の理論株価をディスカウントキャッシュフロー法(DCF法...
お金の知識

一般NISAと積立NISA どちらを選択すべきか?

投資を行う上で、絶対活用すべきなのがNISA(少額投資非課税制度)ですが、NISAには、「一般NISA」と「積立NISA」があり、どちらを運用すべきか迷うことがあります。 そこで、今回は「一般NISA」と「積立NISA」どちらを選択す...
お金の知識

米国株の過去の財務データを簡単に調べる方法(売上・利益・EPS・CF・配当他)

米国株投資で銘柄選定をしていると、過去の財務データ(売上・利益・キャッシュフロー・EPS・配当など)を確認したくなるときがありますが、Morningstarのサイトで過去10年分を確認することができますのでご紹介します。 ...
投資哲学

個別株の選び方、重要なポイントは3つ

個別株の選び方って難しいですよね。投資家であれば、将来的な株価の上昇(キャピタルゲイン)や配当収入(インカムゲイン)を期待して株を購入することは共通点だと思いますが、それを将来に亘って実現してくれる銘柄がどれなのか、これがなかなか難しい。 ...
経済市況

円高は絶好のチャンス!将来の円安インフレに備えよ。

市場がリセッションへの警戒を強める中、円高が進行しています。 (図はSBI証券HPより引用) 2018年10月に114円/ドル台で推移していたドル円は2019年8月現在で106円/ドル台まで約8円/ドルの円高進行となって...
タイトルとURLをコピーしました